イエモン30周年ドームツアーライブ2019|チケットの倍率や種類は?

 

ザ・イエローモンキー 30周年ドームツアーライブ2019開催決定!

イエモンの東名阪ドームツアーは、現在のメンバー4人で初めてライブを開催した
1989年12月28日からピッタリ30年後
2019年12月28日のナゴヤドーム(愛知)からスタート!

2020年2月11日に京セラドーム(大阪)、4月4日・5日に東京ドーム(東京)で開催されます。

公式ファンクラブ「BELIEVER.」ではチケットの最速先行抽選予約を受付中!
締め切りは9月2日までです^^

ザ・イエローモンキー 30周年ドームツアーライブ2019チケットの倍率は?

気になるのがチケットの倍率ですよね。
ドームツアーとはいえ、イエモンほどの人気バンド、しかも30周年ライブとなったら
ファンはチケットが取れるか不安でたまらないと思います。

チケットの応募が始まったばかりということで、今回は各会場のキャパシティと以前の公演から予測してみました!

ナゴヤドーム

49,000人

京セラドーム

55,000人

東京ドーム

55,000人

ということで、東京ドームだとしたらキャパは110,000人ですよね。

THE YELLOW MONKEYは2016年に開催した全国アリーナツアーで約22万人を動員したとのことで
このうちの1割が複数公演に参加していたと仮定すると
全国のイエモンファンは198,000人(!)居ることになります。

と言ってもすべての人が東京ドームに行けるわけではないので、
関東地方以外からはその半分の人が東京に遠征するとして計算してみました!

関東地方は全体の33.4%の人口が集中していると言われているそうなので

関東地方:198,000人 ✕ 33.4% = 66,132人
関東地方以外:198,000人 – 66,132人 = 131,868人
遠征組(地方の半分):131,868人 ÷ 2 = 65,934人

関東地方で応募する人は 66,132人
関東地方以外で応募する人は 65,934人

合計で132,066人がチケットの抽選に応募するのではないでしょうか!

応募総数:132,066人
会場規模:110,000席

東京ドーム公演2日分のキャパは110,000席。
132,066人が応募する計算なので、当選倍率は約1.2倍くらいと見ました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です