[台風15号]熱海の影響や被害は?JR新幹線や電車の運行情報についても

風の強い海

こんにちは、ひつじです。
台風15号が近づいてきており、神奈川に居るわたしも不安になってきています。

今日は静岡県の熱海市への影響について書いてみました!

新幹線や電車も走っている熱海は大丈夫なのでしょうか?

スポンサードリンク

台風15号 熱海の影響や被害は?

台風15号 8日(日)夜~9日(月) 関東地方に接近・上陸の恐れも

台風15号は、7日(土)18時現在、父島の北を時速30キロで北西へ進んでいます。
中心気圧は960ヘクトパスカルで、風速は25メートル以上の暴風域を伴っています…!

今後も北西へ進んで、8日(日)は八丈島付近を北へ進む見込みだそうです。
強い勢力を保ったまま、8日(日)夜から9日(月)にかけて関東地方の沿岸にかなり接近、上陸する恐れもあるそう。

東海・関東・東北 急な暴風や強い雨の恐れが

台風15号は雲域が比較的小さい台風です。
関東や東海に台風周辺の雨雲に、8日(日)昼頃から覆われるでしょう。

日中は、風は特に強く吹くことはない予想なのですが、台風15号が近づく夜から、そよ風が急に猛烈な風に変わる恐れがあります…!
台風本体の雨雲も、東海や関東に8日(日)夜からかかってしまうそうで、東海は9日(月)未明にかけて、関東は9日(日)昼頃にかけて、暴風や大雨に厳重に注意した方がいいでしょう。
東北の太平洋側南部では9日(日)に、海上を中心に大きく荒れる恐れがあります。

ひつじ

暴風や高波に十分警戒して下さいね!

8日に予想される最大瞬間風速は、伊豆諸島60メートル、関東地方50メートル、東海地方45メートルと、
走行中のトラックが横転するほどで、小笠原諸島35メートルです。

8日18時までに予想される24時間雨量は、伊豆諸島150ミリ、東海地方80ミリで、その後の9日午後6時までに予想される24時間雨量は、東海地方300から400ミリ、関東甲信地方、伊豆諸島200から300ミリ、東北地方100から200ミリ。

ひつじ

土砂災害や浸水、河川の増水や氾濫に十分注意です!
関東地方でも9日は高潮の恐れがあるよ!

シープくん

台風15号 熱海 新幹線の影響は?

ひつじ

「熱海」と言えば、電車もですが新幹線も走っていますよね!
お出掛けや長距離の移動をする人は心配だね。

シープくん

ひつじ

新幹線についてはこちら!

9月7日21時現在、JR東海道線は運休の予定などの情報は出ていません。

ですが、

9月8日から9日早朝にかけて、京葉線 内房線 外房線 久留里線で運転を取りやめる可能性があるそうです。

ひつじ

今後の台風や運行についての情報には十分に気をつけないとね!
JRの最新情報は、こちらのツイッターアカウントか公式ホームページを見てみてね!

シープくん

スポンサードリンク

台風15号 熱海 電車の運行状況は?通勤通学への影響は?

台風15号は8(日)夜〜9日(月)に関東地方に上陸する予想もされていますから、東海地方への影響も否めません。

通勤、通学をされる予定の方は、どうぞ時間に余裕を持ち、安全第一で過ごしてくださいね。
また、とても大きな影響があるようでしたら、無理に自宅を出るのはやめましょう。

どうしても…という方は、こういった丈の長いレインコートや


タップして拡大

長靴も用意しておきましょう。


タップして拡大

今後の台風の対策にも便利です。

ひつじ

ミドリ安全ならしっかりした作りだし安心だね。

おわりに

東海・関東・東北の皆さんは特に心配かもしれませんが、兎に角安全第一でいきましょう!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました^^

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です